聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

これはわたしの子、愛する者、彼に聞け


祈り

主よ、誠にあなたを愛し、御言葉を愛し、あなたの語りかけを愛します。静かにあなたの前に座り、再びあなたの語りかけを聞きます。主よ、語ってください。神が今、語られる御言葉を聞きたいです。


詩歌:166


本日の聖書箇所:マタイ16:28―17:27


重点の節:

マタイ17:5 彼がまだ語っている間に、見よ、輝く雲が彼らを覆った.そして見よ、雲の中から声があって言った、「これはわたしの子、愛する者、わたしは彼を喜ぶ。彼に聞け!」。

マタイ17:8 彼らが目を上げると、イエスご自身のほか、だれも見えなかった。


本日のフットノート抜粋


ペテロはモーセとエリヤ、すなわち律法と預言者を、キリストと共にとどめておくことを提案しました。しかし神は、モーセとエリヤを取り去り、イエスご自身のほか、だれも残しておかれませんでした。律法と預言者は影と予言であり、実際ではありません。実際はキリストです。今や、キリスト、実際がここにおられます。もはや影と予言は必要ありません。イエスご自身のほか、だれも新契約の中に残るべきではありません。イエスは今日のモーセであり、命の律法を彼の信者たちに分け与えておられます。イエスはまた今日のエリヤであり、彼の信者たちの内側で神のために語り、神を語り出しておられます。これが神の新約エコノミーです。(参照:マタイ17章8節 フットノート1


明日の主題:二人または三人で同じ心と思いの中で祈る