聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

めんどりが自分のひなを翼の下に集めるように


祈り

主よ、わたしたちを顧み、一人一人の心に語りかけてください。それはあなたがわたしたちに供給し、触れ、包帯を巻き、いやし、今日あなたが望まれる道を、わたしたちがあなたの豊かさに導かれ歩むためです。


詩歌:72


本日の聖書箇所:マタイ23:13-39


重点の節:

マタイ23:37 エルサレム、エルサレム、預言者たちを殺し、おまえに遣わされた者たちを石打ちにする者よ!めんどりが自分のひなを翼の下に集めるように、わたしはいくたび、おまえの子供たちを集めようとしたことであろう!しかし、おまえたちは応じようとしなかった。
マタイ23:38 見よ、おまえたちの家は荒れ果てたまま、おまえたちに残される。


本日のフットノート抜粋


鳥がひなの上にはばたくように、エルサレムを顧みられたのは、神ご自身でした(イザヤ31:5申32:11-12)。ですから、主イエスは、「めんどりが自分のひなを翼の下に集めるように、わたしは・・・・おまえの子供たちを集めようとした」と言われた時、彼が神ご自身であることを示されたのです。 (参照:マタイ23:37ノート1
 マタイ23:38の「家」は単数であるので、神の家、すなわち宮を指しているに違いありません(21:12-13)。それは神の家でしたが、今やそれは「おまえたちの家」と呼ばれています。なぜなら、彼らはそれを、強盗どもの巣にしてしまったからです(21:13)。 (参照:マタイ23:38ノート1


明日の主題:王国の福音は、人の住む全地に宣べ伝えられる