聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

わたしたちは主に召されて、人を取る漁師となる


祈り

主よ、あなたは唯一なる主であり、主権を持つ方でもあります。わたしたちはあなたを礼拝し、仕えます。さらに、あなたを宣べ伝え、人に分与します。あなたによって、わたしたちは喜んで奴隷としてあなたに奉仕し、そしてあなたの子たちを顧みます。


詩歌:716


本日の聖書箇所:ルカ5:1―6:11


重点の節:

ルカ5:8 シモン・ペテロはこれを見た時、イエスの足もとにひれ伏して言った、「主よ、わたしを離れてください.わたしは罪深い者です」。

ルカ5:10 また、ゼベダイの子でシモンの仲間であったヤコブとヨハネも同様であった。イエスはシモンに言われた、「恐れることはない。今からあなたは、人を生け捕りにするようになるのだ」。


本日のフットノート抜粋


これは、漁の時の奇跡によるペテロに対する主の召しでした(参照,ヨハネ21:6のノート1の第二段落)。「生け捕りにする」のギリシャ語は、「生きている」と「捕らえる」から成っています。ですから殺すのではなく、「生け捕る」、「(戦争で)生きたまま捕虜を捕らえる」ことです。普通の漁師は魚を捕って、死へもたらします。しかし、ペテロが主に召されたのは、人を捕る漁師となり(マタイ4:19)、人を捕獲して命へもたらすためです(使徒2:3811:18)。(参照:ルカ5:10ノート2


明日の主題:神の子供たちの特性の原則