聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

イエスはまだ栄光を受けておられなかったので、その霊はまだなかったからである


祈り

主よ、あなたは栄光を受けた方であることをほめたたえます。あなたの栄光を賞賛し、尊びます。ハレルヤ!あなたは栄光を得たキリストです!主よ、わたしたちに求める心を賜り、神の栄光であるあなたを追い求めさせてください。


詩歌:196


本日の聖書箇所:ヨハネ7:25-52


重点の節:

ヨハネ7:39 イエスはこれを、彼の中へと信じる者たちが受けようとしているその霊について言われたのである.イエスはまだ栄光を受けておられなかったので、その霊はまだなかったからである。


本日のフットノート抜粋


神の霊は初めからありました(創1:1―2)が、キリストの霊としてのその霊(ローマ8:9)、イエス・キリストの霊(ピリピ1:19)は、主がこの言葉を語られた時には、まだありませんでした。なぜなら、主はまだ栄光を受けておられなかったからです。イエスが栄光を受けたのは、彼が復活された時です(ルカ 24:26)。イエスの復活の後、神の霊は、受肉し、十字架につけられ、復活して、イエス・キリストの霊と成りました。キリストが復活した日の夕方、その霊は、彼によって弟子たちの中に息を吹き込まれました(20:22)。その霊は、今や「別の慰め主」、キリストが死ぬ前に約束された実際の霊です(参照: ヨハネ7章39節 フットノート1


明日の主題:すべてを含むすばらしい飲み物