聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

主は復活であり、命である


祈り

主よ、わたしたちの目を開いてください。いかにして神が肉体を持った人となり、人の生活を送り、十字架につけられ、復活し、究極的に完成され、わたしたちの命となったかを、わたしたちが真に知りますように!


詩歌:694


本日の聖書箇所:ヨハネ11:17-57


重点の節:

ヨハネ11:25 イエスは彼女に言われた、「わたしは復活であり、命である.わたしの中へと信じる者は、たとえ死んでも生きる」。

ヨハネ12:1 過越の六日前に、イエスはベタニヤに来られた.そこには、イエスが死人の中から復活させたラザロがいた。


本日のフットノート抜粋


「ベタニヤ」、この祝宴の家は、召会生活の縮図であり、召会の光景を描写しています。(1) 復活の命によって生み出された―ラザロ( 11:43―44)。(2) 清められた罪人で構成されている―らい病の人シモン(マルコ14:3)。(3) 外側では苦悩している――ベタニヤ。(4) 内側では主の臨在の中で、主と共に祝宴にあずかっている( 2節)。(5) 姉妹のほうが兄弟よりも多い( 2―3節)。(6) さまざまな機能を持つ肢体がある。仕えている――マルタ、証しをしている――ラザロ、愛している――マリヤ( 2―3節)。(7) 偽りの者―ユダによって汚される( 4節)。(8) 宗教によって迫害される( 10節)。(9) テストであり、人を暴露する( 6 10節)。(10) 多くの信者をもたらす( 11節)。(参照:ヨハネ12章1節 フットノート1


明日の主題:神聖な命の増殖