聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

わたしたちも互いに足を洗い合うべきである


祈り

主よ、わたしたちの交わりにおいても、わたしたちを教え、導き、道を示してください。あなたを信じます。主よ、あなたの導きが必要です。もっとわたしたちを導いてください!


詩歌:623


本日の聖書箇所:ヨハネ13:1-38


重点の節:

ヨハネ13:5 それから、たらいに水を注ぎ入れ、弟子たちの足を洗い、腰に巻いた手ぬぐいでふき始められた。

ヨハネ13:14 それで、主であり先生であるわたしが、あなたがたの足を洗ったのだから、あなたがたも互いに足を洗い合うべきである。


本日のフットノート抜粋


第1章から第12章で、命が来て、再生された者たちで構成された召会を生み出しました。再生された者たちは、彼らの霊の中では、神の中に、また天にいますが、彼らの体の中では、まだ肉の中に生きており、地上を歩んでいます。彼らは地のものとの接触を通して、しばしば汚れます。これは主との交わり、また彼ら相互の交わりを阻害します。ですから、聖霊と言葉と命をもって、洗う必要があるのです。こうして汚れを洗い去ることによって、主との交わり、また互いの交わりが維持されます。それは、血によって罪を洗い去ることではありません(Iヨハネ1:7,9)。ですから第12章の後、この章でそのようなしるしが必要であるのです。この福音書はしるしの書ですから、この章に記録されているものも、やはり霊的意義を持つしるしと考えられるべきです。足を洗うことは、単に物理的な意味ではなく、霊的な意味で取られるべきです。(参照:ヨハネ13章5節 フットノート2


明日の主題:主は道、実際、命である