聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

主は言われた、わたしはあなたが迫害しているイエスである


祈り

主よ、わたしたちは、あなたから離れ自己によって働くことを憎みます。主よ、高嶺の真理とあなたの主観的語りかけを通し、あなたの霊とミングリングされ、一つ霊の実行によって、あなたの回復をもたらしてくださるよう求めます。


詩歌:394


本日の聖書箇所:使徒9:1-43


重点の節:

使徒9:4  すると彼は地に倒れ、「サウロ、サウロ、なぜわたしを迫害するのか?」と言う声を聞いた。

使徒9:5 そこで彼は言った、「主よ、あなたはどなたですか?」。すると主は言われた、「わたしはあなたが迫害しているイエスである」。


本日のフットノート抜粋


主なるイエスと彼のすべての信者から成るひとりの団体的な「わたし」。サウロはこの啓示を持っていませんでした。彼は、ステパノや、彼が異端と考えるこの「道」にある、他のイエスに従う者たちを迫害していると思っていました(使徒24:14)。彼は、これらの人たちを迫害している時、イエスを迫害していたことを知りませんでした。なぜなら、彼らはイエスにある信仰を通してイエスと結合され、イエスと一であったからです。彼にとって、これは全宇宙における唯一の啓示でした!これは、神の偉大な奥義であるキリストと召会について、彼の将来の務めに印象を与え、影響を及ぼし、彼のユニークな務めに対して堅固な土台を据えたに違いありません。 (参照:使徒9:4ノート1


明日の主題:彼の中へと信じる者はすべて、彼の御名によって罪の赦しを受ける