聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

わたしたちが世界の相続人になる


祈り

主よ、あなたの啓示を感謝します。今日に至るまで、継続的にあなたの言葉を開いてくださったことに感謝します。主よ、さらにあなたの語りかけを与えてください。


詩歌:235


本日の聖書箇所:ローマ4:1-25


重点の節:

ローマ4:13  なぜなら、アブラハム、あるいは彼の子孫に対して、彼が世界の相続人になるとの約束がなされたのは、律法を通してではなく、信仰による義を通してであったからです。


本日のフットノート抜粋


律法は、旧約の人に対する神の一時的なエコノミー(経綸)でした。なぜなら律法は、人の違犯のゆえに臨時的に付け加えられたものであるからです(ガラテヤ3:19)。信仰は、新約の人に対する神の永遠のエコノミー(経綸)です。なぜなら信仰は、神の永遠のご計画に基づいているからです(参照,Iテモテ1:4のノート4)。旧約では、神は律法にしたがって人を取り扱われました。人がもし、神のあの経綸にしたがって、神が律法の中で命じられたことを行なうのでしたら、義、すなわち律法の義(9:31)、律法による義(10:5ピリピ3:9)を獲得します。新約では、神は信仰にしたがって人を取り扱われます。人がもし、神のこの経綸にしたがって、神が人に信じるよう定められたキリストを信じるのでしたら(Iヨハネ3:23)、義を獲得します。(参照:ローマ4章13節 フットノート2


明日の主題:命の中で支配する