聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

卑しい枝が尊い木に接がれる


祈り

主よ、あなたと一つ霊となり、有機的な結合の中で、わたしたちが語る中であなたが語られる経験を与えてください。あなたの御言葉の豊富を解放し、わたしたちすべての人に供給を与えてください。


詩歌:644


本日の聖書箇所:ローマ16:17-27


重点の節:

ローマ16:20  今や平安の神が速やかに、サタンをあなたがたの足の下に踏み砕かれます。わたしたちの主イエスの恵みが、あなたがたと共にありますように。


本日のフットノート抜粋


 ローマ人への手紙第16章20節で神は、召会生活をする人たちの足の下にサタンを踏み砕くことを約束し、サタンを踏み砕くことは、召会生活と関係があることを見せておられます。サタンを対処するのはからだの事であって、個人的な事ではありません。わたしたちがからだの実際的な表現としての正常な地方召会を持ってはじめて、サタンはわたしたちの足の下に踏み砕かれるのです。

 召会生活はわたしたちに、サタンを足の下に踏み砕かせ、平安の神を経験させるだけでなく、主の豊かな恵みを享受させます。(参照:ローマ16:20のフットノート1フットノート2


命の供給

 ローマ人への手紙第12章2節は造り変えについて言っています。聖書によれば、この新陳代謝的変化は造り変えと言われます。造り変えの過程で、キリストの命がわたしたちに加えられます。有機的でビタミンに満ちた彼の命がわたしたちに浸透すると、霊的な化合物が形成されます。これはわたしたちの構成を、性質においても形においても変化させます。これが造り変えです。それは外側の矯正や外面の調整ではありません。これは絶対にわたしたちの有機的な要素における内側の新陳代謝的変化、主なる霊による命の中の、命による変化です(IIコリント3:18)。造り変えの過程で、神聖な要素がわたしたちの中に造り込まれます。ローマ人への手紙第12章から第16章に近づく時、造り変えについてのこの正しい理解を思いにとどめておくなら、御言のこの部分は、天然の観念が信じるようにと導くものとは完全に異なることを、わたしたちは認識するでしょう。

 仮に、ある人がひどく顔色が悪く、他の人が彼の血色のない顔色を変えたいと思って、何かの色を彼の皮膚に塗るとします。これはもちろん、外側の変化を生み出しますが、それは有機的な変化、命の変化ではありません。それではどのようにして、人は真に血色の良い顔をすることができるのでしょう? 日ごとに体の中に、必要な有機的要素のある健康食を吸収することによります。あなたの体は生きた有機体ですから、有機的な実質がその中に入ると、新陳代謝の過程によって、化合物が有機的に形成されます。徐々に、この内側の過程は、あなたの顔色を変化させるでしょう。この変化は外側のものではありません。それは内側からの変化、新陳代謝の過程の結果による変化です。

 第12章2節で述べられたみこころとは、召会生活を持つことです。あなたが買う家、持つ職業、結婚する相手はすべて、召会生活に依存すべきです。あなたの着る衣服でさえ、召会生活に依存すべきです。あなたが召会生活に対して正しくあるなら、何をしなければならないかを知るでしょう。すべてのことは、召会生活のためでなければなりません。なぜなら、召会生活をすることが、神の唯一のみこころであるからです。これが善であって、喜ばれ、完全なものです。これはからだの生活のためです。わたしたちの体をささげること、魂が造り変えられること、思いが新しくされること、すべてはからだの生活のためです。(ローマ人への手紙ライフスタディ、第25編)

明日の主題:神は信実である、この方を通して、私たちが召された