聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

神と人、人と神が一となる


祈り

ハレルヤ!主よ、今やあなたとわたしは一つ霊であり、あなたはわたしたちの霊の中におられます。それは神の霊と人の霊が結合し、ミングリングし一つ霊となっています。主よ、この事実のゆえに感謝し、礼拝します。


詩歌:302


本日の聖書箇所:Iコリント7:25―8:13


重点の節:

Iコリント7:40  しかし、わたしの意見では、彼女がそのままでいるなら、もっと祝福されます.しかし、わたしも神の霊を持っていると思います。


本日のフットノート抜粋


使徒は10節で、「わたしは命じます。命じるのはわたしではなく主です」と言いました。12節では、「わたしは言います・・・・主ではなく、わたしです」と言いました。25節では、「わたしは主の命令を受けてはいませんが・・・・わたしの意見を述べます」と言いました。40節では、「わたしの意見では・・・・しかし、わたしも神の霊を持っていると思います」と言います。これらの言葉はすべて、新約の受肉の原則(すなわち、神と人、人と神が一となること)を示しています。これは、旧約の預言(神のために語る)の原則とは完全に異なります。旧約では、エホバの言葉は預言者に臨みました(エレミヤ1:2エゼキエル1:3)。預言者は、神の代弁者にすぎませんでした。ところが新約では、主は彼の使徒たちと一つになり、彼らは主と一つになります。こうして、両者が共に語るのです。(参照:Iコリント7章40節 フットノート2


明日の主題:救いのほかに加えられる褒賞