聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

神と人が一


祈り

主よ、あなたと一つになることを願います!主よ、あなたが成されて完成されたすべてのことは、あなたがわたしたちと一つになるため、また、わたしたちがあなたと一つになるためです。主に感謝します!ミングリングされた霊の中で、わたしたちは真にあなたと一つです。


詩歌:628


本日の聖書箇所:Iコリント11:27―12:11


重点の節:

Iコリント12:3  こういうわけで、わたしはあなたがたに知らせておきます.神の霊の中で語っている者はだれも、「のろわれよ、イエス」とは言わないし、また聖霊の中でなければ、だれも「主イエス!」と言うことはできません。


質問にお答えください


  1. コリント人への第一の手紙第11章29節の「その体」にはどのような意味があるのでしょうか?(参照:Iコリント11:29のフットノート3
  2. 三一の神と賜物、務め、働きの関係を説明してください。(参照:Iコリント12:6のフットノート2
  3. その霊の現れを説明してください。(参照:Iコリント12:7のフットノート18節のフットノート110節のフットノート4フットノート5

命の供給

 コリント人への第一の手紙第6章17節でパウロは言います、「主に結合される者は主と一つ霊です」。この節の結合されるという言葉は、信者たちが主の中へと信じることによる(ヨハネ3:15-16)、主との有機的結合を言っています。この結合は、ぶどうの木とその枝との結合(15:4-5)によって説明されます。それは命(神聖な命)「の」事柄だけでなく、命「の中の」事柄でもあります。復活された主とのそのような結合は、わたしたちの霊の中でのみ可能です。

 「一つ霊」という表現は、その霊である主とわたしたちの霊とのミングリングを示しています。わたしたちの霊は、神の霊によって再生されました(3:6)。その霊は今やわたしたちの中におられて(Iコリント6:19)、わたしたちの霊と一つです(ローマ8:16)。これは主の実際化です。主は復活を通して、命を与える霊となられました(Iコリント15:45IIコリント3:17)。そして今や、わたしたちの霊と共におられます(IIテモテ4:22)。このミングリングされた霊は、ローマ人への手紙第8章4節から6節にあるように、パウロの書簡の中でしばしば述べられています。

 わたしたち信者は主に結合されて一つ霊です。これは大きな奥義であり、おそらく聖書に啓示されている最も奥義的な事柄でしょう。そのような奥義を、だれが説明することができるでしょうか? わたしたちが主と一つ霊であることがどのようにして可能であるか、説明することができるでしょうか? わたしたちはそれを説明することはできませんが、確かにそれを経験することができます。しばしばわたしは朝、「主よ、あなたと一つ霊であることを実行するための一日を感謝します」と祈ります。わたしたちのような罪人が、主と一つ霊であることができるとは、何という不思議でしょう! この事柄を考えれば考えるほど、わたしたちはますますそれがいかにすばらしいかを認識します。

 すでに見てきたように、コリント人への第一の手紙第6章でパウロは三つの決定的に重要な事柄を扱っています。これらの事柄はとても大きいので、それらを十分に消化するには多くの霊の訓練が必要です。わたしたちの体がキリストの肢体であるとは、わたしたちが主と一つ霊であるとは、わたしたちの体が聖霊の宮であるとは、何と驚くべきことでしょう! これに関するビジョンがとても明らかになりつつあるので、時にはわたしは本当に耐え切れないほどです。わたしたちはみな主のあわれみを求めて主を仰ぎ望み、パウロに示されたビジョンを見ましょう。(コリント人への第一の手紙ライフスタディ、第39編)

明日の主題:わたしたちはみな一つ霊の中で、一つからだの中へとバプテスマされた