聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

一人ずつ預言することができる


祈り

主よ、わたしたちはみな一人ずつ預言することができます。日々良き地であるキリストの上で労苦し、主の豊富から産物を収穫し、召会の集会に携えてきて、共にささげることができますように。わたしたちが神の御前で、神と共に、分け与えたキリストを互いに享受し、召会を建造することができますように。


詩歌:624


本日の聖書箇所:Iコリント14:13-33


重点の節:

Iコリント14:26 それでは兄弟たちよ、どうなのですか?あなたがたがいつも集まるときには、それぞれの人に詩があり、教えがあり、啓示があり、異言があり、解釈があります。すべての事を、建造のために行ないなさい。

Iコリント14:31 なぜなら、あなたがたはみな一人ずつ預言することができるからであり、それはすべての人が学び、すべての人が励まされるためです。


本日のフットノート抜粋


これは、古代の仮庵の祭りのようです。イスラエルの子たちは良き地の産物、すなわち彼らがその地で働いて収穫した物を、祭りに携えてきて主にささげました。それは、主との交わりと互いの交わりの中で、主に享受していただき、また互いに主の御前で享受するためでした。わたしたちは、わたしたちの良き地であるキリストの上で労苦して、彼の豊富から幾らかの産物を収穫し、召会の集会に携えてきて、ささげるべきです。このようにして、召会の集会は、キリストの豊富の展覧となります。そして全員が神の御前で、神と共に、分け与えたキリストを互いに享受して、聖徒たちと召会が建造されていくのです。(参照:Iコリント14章26節 フットノート1


明日の主題:神の恵みがわたしと共にあるから