聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

この世の基が置かれる前から、キリストの中で私たちを選ばれた


祈り

御父の大いなる愛を褒め称えます!わたしたちは愛の中で、御前に聖く傷のない者になるようにと、この世の基が置かれる前から、無限の先見にしたがって、キリストの中で選ばれました。それはイエス・キリストを通し、子たる身分に定められ、恵みである神ご自身を享受し、神を表現することで恵みの栄光の賛美となるためです。


詩歌:31


本日の聖書箇所:エペソ1:1-6


重点の節:

エペソ1:4  すなわち、この方は、愛の中で、御前に聖く傷のない者になるようにと、この世の基が置かれる前から、キリストの中でわたしたちを選び。


本日のフットノート抜粋


エペソ人への手紙は、特に召会について語られており、召会を七つの面で啓示しています。(1)キリストのからだ、すべての中ですべてを満たしている方の豊満、表現(23節4:13).(2)新しい人(2:15)、キリストの命だけでなく、キリストのパースンをも持っている一人の団体の人.(3)神の王国(2:19)―聖徒たちが市民として、その権利を所有し、その責任を担っている.(4)神の家族(2:19)、命と享受に満ちた家.(5)神の住まい(2:21-22)、そこに神が住まわれる。宇宙的には主にある聖なる宮、地方的にはわたしたちの霊の中にある神の住まい.(6)キリストの花嫁、妻(5:24-25)、それはキリストの安息と満足のためである.(7)戦士(6:11-12)、神の敵を対処し、打ち破って、神の永遠の目的を達成する団体の戦士。(参照:エペソ1:1ノート1


明日の主題:すべてのものを、キリストの中で、かしらにつり上げようとされた