聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

すべてのものを、キリストの中で、かしらにつり上げようとされた


祈り

主よ、あなたを礼拝します。あなたは神の中心であり、神の普遍でもあります。あなたは万有の元首であり、わたしたちの救い主です。わたしたちを開いてください。あなたご自身を認識し、あなたをわたしたちの中に住ませてください!


詩歌:779


本日の聖書箇所:エペソ1:7-14


重点の節:

エペソ1:10  時代の満了時のエコノミー[経綸]へ至るためです.すなわち、キリストの中で、天にあるもの地にあるもの、すべてのものを、彼の中でかしらにつり上げようとされたのです。


本日のフットノート抜粋


神はキリストを、万物の上にかしらとされました(22節)。あらゆる時代における神のすべての経綸を通して、万物が新天新地において、キリストの中でかしらにつり上げられるでしょう。それは、神の永遠の行政とエコノミーとなるでしょう。信者がこのかしらにつり上げられることにあずかるのは、召会生活の中でつり上げられようとし、命において成長し、キリストの光の下で生きることによってです(ヨハネ1:4啓21:23―25)。すべてのものがキリストの中でかしらにつり上げられる時、絶対的な平和と調和があり(イザヤ2:411:655:12詩96:12―13)、また崩壊からの完全な救いがあるでしょう。これは、万物の復興の時から始まります。(参照:エペソ1章10節 フットノート3


明日の主題:すべての中ですべてを満たしている方の豊満である