聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

私たちが持っているこの望みは、安全で確固とした魂の錨である


祈り

主よ、あなたを神の子として礼拝します。また、あなたを神人として礼拝します。あなたは真の神であり、完全な人でもあります。主よ、あなたは究極的に完成された神であり、引き上げられた人でもあります。あなたを仰ぎ望みます。


詩歌:414


本日の聖書箇所:ヘブル6:4-20


重点の節:

ヘブル6:18 それは、神が偽ることのできなかった二つの変わることのない事柄によって、前に置かれた望みを捕らえようとして避難所に逃れてきたわたしたちが、力強い励ましを受けるためです。

ヘブル6:19 わたしたちが持っているこの望みは、安全で確固とした魂の錨であり、幕の内側に入って行くものです.


本日のフットノート抜粋


主イエスが入られた天は、今日、幕の内側の至聖所です。安全で堅固な錨としてのわたしたちの望みは、そこに入っており、今やわたしたちは霊の中で、そこに入ることができます(10:19―20)。(参照:ヘブル6章19節 フットノート2


明日の主題:キリストは極みまで救うことができる