聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

営所の外に出て、幕の内側に入る


祈り

主よ、あなたがこちらにいて、わたしたちと共に座していることを信じます。あなたはわたしたちと親密に、面と向かって語り合って、あなたの永遠のエコノミーによる事柄を見ることができるように願っています。


詩歌:399


本日の聖書箇所:ヘブル13:8-15


重点の節:

ヘブル13:13 ですから、わたしたちは彼のそしりを担い、営所の外に出て、彼へと行こうではありませんか。


本日のフットノート抜粋


「営所の外に」と「幕の内側に」(6:19)とは、本書における二つの際立った点です。幕の内側に入るとは、至聖所へ入ることを意味し、そこでは主が栄光の中で御座に着いておられます。営所の外に出ていくとは、宗教から出ることを意味し、主はこの宗教から拒絶されて追い出されました。これは、わたしたちが霊の中にいて、宗教から出なければならないことを象徴します。経験から言えば、今日、実際の至聖所はわたしたちの霊であり、実際の営所は宗教です。わたしたちは、霊の中にいて、天のキリストを享受すればするほど、ますます宗教の営所の外に出て、苦難を受けたイエスに従っていくでしょう。(参照:ヘブル13章13節 フットノート1


明日の主題:信仰は唯一の道