聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

クリスチャンとして苦しみを受ければ、恥じることはない


祈り

主よ、あなたは支配者であり、勝利者です。あなたについて行きます。心を強め、霊を高揚し、口をもってあなたを賛美します。あなたに向かって歌い、あなたの名をほめたたえます。


詩歌:68


本日の聖書箇所:Iペテロ4:15―5:4


重点の節:

Iペテロ4:16 しかし、クリスチャンとしてであるなら、恥じることはありません.むしろ、この名において神に栄光を帰すべきです。


本日のフットノート抜粋


 クリスチャンのギリシャ語はクリスチアノス(christi―anos)で、ラテン語からの造語です。語尾のイアノス(ianos)は、ある人に追従する者を示し、ローマ帝国の大家族に属している奴隷に適用されました。皇帝カイザル(Kaisar)を礼拝した者たちは、カイザリアノス(Kaisari―anos)と呼ばれました。それはカイザルの追従者、カイザルに属する人たちを意味します。

 今日「クリスチャン」という用語は、積極的な意義を帯びているはずです。すなわち、キリストの人、キリストと一つである者、キリストに属しているだけでなく、彼との有機的結合の中で彼の命と性質を持っており、日常生活の中で彼によって生きており、さらに彼を生きてさえいる者です。わたしたちは、そのような人であることで苦しみを受けるとしたら、恥と感じるべきではありません。むしろ、わたしたちの告白の中で、わたしたちの聖なる卓越した生活態度によって、大胆にキリストを大きく表現し、この名において神に栄光を帰す(表現する)べきです。(参照:Iペテロ4章16節 フットノート1


明日の主題:クリスチャンの生活と苦しみ