聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

命の交わり


祈り

主よ、ご自身をわたしたちに開いてください。わたしたちもあなたに開き、そしてお互いに開きます。開いた交わり、自由、心地よさ、霊にある交わり、また様々な妨げるものに打ち勝つ交わりを与えてください。


詩歌:418


本日の聖書箇所:Iヨハネ3:19―4:6


重点の節:

Iヨハネ3:24 そして、彼の戒めを守る者は彼の中に住み、また彼はその人の中に住まわれます。そしてこのことにおいて、わたしたちは、彼がわたしたちの中に住んでおられることを、彼がわたしたちに与えられたその霊によって知るのです。


本日のフットノート抜粋


 ヨハネの第一の手紙第3章24節は、第2章28節から3章24節の結論です。この区分は、神聖な油塗りの教えにしたがって主の中に住むことについてです。この区分は、主の中に住むことが、神聖な種としての、神の永遠の命による神の子供たちの生活であることを啓示し、その永遠の命は、彼らを生んだ神の義と彼らを生んだ父の愛を行なうことで、成長します。そのような住むこととその基礎、すなわち神聖な種としての神聖な誕生と神聖な命は奥義的であり、しかもその霊の中では実際です。(参照:Iヨハネ3:24のフットノート1


命の供給

 電気の流れは神聖な命の交わりの良い例証です。電気は発電所から一つの建物の中に流れ込みます。電流は発電所とその建物とをつなぎます。さらに、建物の中の特定の部屋の天井の照明の個々の電灯は電流の流れにより相互に結合されています。電流を離れては、天井の電灯は分離されています。しかし電気の流れを通して、電灯は相互に「交わり」にもたらされます、なぜならそれらはみな電気の一つの流れの中にあるからです。これは使徒たちと信者たちとが神聖な命の中で共に交わりを享受する事実の一つの例証です。

 わたしたちが神聖な交わりの中にある時、わたしたちは光の中にいます、そしてわたしたちが光の中にいる時、わたしたちは光によって暴露されます。神聖な光はエックス線よりも一層強力です。この光はわたしたちの存在の中の間違っているものは何でも暴露します。わたしたちが光の中を歩き、光の中で実際を実行する時、光はわたしたちの内側で、わたしたちの上を、またわたしたちを通して輝きます。この輝きによって暴露されると、わたしたちは自分が多くの事柄で間違っていることを見るでしょう。わたしたちはわたしたちの思想、感情、動機、また意図において間違っていることを見るかもしれません。わたしたちはまた自分がある兄弟たち、また姉妹たちに対して間違っていることを見るかもしれません。わたしたちはこのように暴露されますから、わたしたちの良心は罪定めされます。わたしたちの良心におけるこの罪定めを対処するために、わたしたちは主の血の清めを必要とします。わたしたちが失敗、過ち、悪い行ない、汚れた動機、邪悪な意図を見るのは、わたしたちが交わりの中に、また光の下にいる時です。しかし、まさにこの時に、主イエスの血はすべての罪からわたしたちを清めるのです。

 第1章1節から7節で四つの重要な事柄(永遠の命、永遠の命の交わり、神聖な光、神の御子イエスの血)は、わたしたちが霊的生活において経験すべき循環を形成することを見ます。まず、わたしたちは永遠の命を持ち、この命の中でわたしたちは交わりを持ちます。交わりは光をもたらします。そしてその光の輝きの下で、わたしたちは血の清めを経験します。それからその血はわたしたちに一層多くの命をもたらします。そして一層多くの命をもって、わたしたちはさらに一層多くの交わりを持ちます。そうして一層多くの交わりを持てば持つほど、わたしたちは一層多くの光と、一層多くの血の清めを持ちます。この命、交わり、光、血の循環は、わたしたちが命の円熟に至るまで、何度も何度も繰り返すのです。(ヨハネの第一の手紙ライフスタディ、メッセージ5、8)

明日の主題:神の愛が私たちの中で全うされる