聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

水、血とその霊


祈り

主よ、あなたは語る神であることをほめたたえます。昔はあなたが語られました、今日わたしたちにもあなたの語りかけがあります。主よ、あなたはその霊であり、今なおも語っておられます。


詩歌:382


本日の聖書箇所:Iヨハネ5:1-13


重点の節:

Iヨハネ5:6 このイエス・キリストは、水と血を通して来られた方です.水においてだけでなく、水においてと血においてです.そしてその霊は証しする方です.なぜなら、その霊は実際であるからです。


本日のフットノート抜粋


ナザレ人イエスが神の御子であると証しされたのは、彼のバプテスマにおいてくぐった水(マタイ3:16―17ヨハネ1:31)、十字架上で流した血(ヨハネ19:31―35マタイ27:50―54)、彼が限りなく与えたその霊(ヨハネ1:32―343:34)によりました。これら三つによって、イエスがわたしたちに与えられた御子であることを(7―10節)、神は証しされました。わたしたちは彼の御名を信じることによって、彼の中で永遠の命を受けます(11―13節ヨハネ3:16,3620:31)。バプテスマの水は、旧創造の人を、葬ることによって終わらせます。十字架上で流された血は、神が旧創造の中から選び出された人を贖います。真理、命の中の実際であるその霊は(ローマ8:2)、神が旧創造から贖い出した人を、神聖な命で再生して発芽させます。(参照:Iヨハネ5章6節 フットノート1


明日の主題:これが真の神、また永遠の命である