聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

ハレルヤ!


祈り

主よ、どんなに賛美することでしょう。わたしたちはとても幸いで喜びで満ちています。わたしたちは諸々の天におり、復活におり、霊であるキリストの中にいます。


詩歌:644


本日の聖書箇所:啓18:1―19:4


重点の節:

啓19:1 これらの事の後、わたしは、天で大群衆の大声のようなものが、こう言うのを聞いた、「ハレルヤ! 救いと栄光と力とは、わたしたちの神のものである」。

啓19:4 すると、二十四人の長老と四つの生き物はひれ伏し、御座に座しておられる神を礼拝して、「アーメン、ハレルヤ!」と言った。


本日のフットノート抜粋


 「ハレルヤ」は、ヘブル語で、賛美せよの「ハレル」と、エホバの御名の短縮形の「ヤー」とが合わさった言葉です。ですから、「エホバを賛美せよ」を意味します。

 19章1節(1節)と3節(3節) の「ハレルヤ」は、聖徒たちの大群衆の賛美です。ここで二十四人の天使の長老たちと四つの生き物は、聖徒たちの賛美に対して「アーメン」と言います。それから彼らは聖徒たちのように、「ハレルヤ!」を言って賛美します。ですから、これを一緒にすると、これは聖徒たち、御使いたち、すべての被造物の賛美です。これは、三一の神に対する賛美であって、過去から現在に至り、永遠に及びます。(参照:啓示録19章1節 フットノート119章4節 フットノート1


明日の主題:小羊の婚姻の時が来た