聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

自分の命のために何を食べようか、何を飲もうかと、思い煩ってはならない


祈り

主よ、あなたにどんなに感謝することでしょう。過ぎ去った年月、あなたの豊かさ、あわれみ、あふれるばかりの恵みを享受してきました。主よ、さらにあなたを愛します。あなたが必要です。あなたを極みまで必要とします。


詩歌:497


本日の聖書箇所:マタイ6:19―7:12


重点の節:

マタイ6:25 だから、わたしはあなたがたに言う.自分の命のために何を食べようか、何を飲もうかと、また自分の体のために何を着ようかと、思い煩ってはならない。命は食物にまさり、体は衣服にまさるではないか?


本日のフットノート抜粋


わたしたちの命は食物にまさり、わたしたちの体は衣服にまさります。わたしたちの命と体は、わたしたちの思い煩いによってではなく、神によって存在するに至りました。神はわたしたちを、命と体を伴うものに創造されたのですから、確かにその必要も顧みてくださいます。王国の民は、これについて思い煩う必要はありません。(参照:マタイ6章25節 フットノート2


明日の主題:命に至る門は狭く、その道は細いのである