聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

キリストが最大のしるしである


祈り

主よ、あなたに開きます。あなたを受け入れるために心の向きを変えます。主よ、あなたの言葉を信じ受け入れます。復活を通し、あなたはわたしたちの中におり、わたしたちはあなたの中にいて、今や二つの霊は一つ霊として共にあることを霊の中で知ります。


詩歌:161


本日の聖書箇所:マタイ16:1-12


重点の節:

マタイ16:4 「邪悪で姦淫の世代はしるしを求めるが、ヨナのしるしのほかには、しるしは与えられない」。そしてイエスは彼らを残して立ち去られた。


本日のフットノート抜粋


ヨナは、イスラエル人から異邦人に向きを変えた預言者であって、大魚の腹の中に入れられました。彼は三日間そこにとどまった後、出て来て、その世代にとって悔い改めのしるしとなりました(ヨナ1:2,173:2―10)。ヨナは、神が民に遣わされた預言者としてのキリストの予表でした(申18:15,18)。キリストはイスラエルから異邦人に向きを変え、三日間、地の中心に葬られ、それから復活し、この世代にとって救いのためのしるしとなられます。ここの主の言葉は、邪悪で姦淫の、ユダヤ的で宗教的な世代に対して、主は彼らへのしるし、最大のしるしとして、死んで復活すること以外に何もされないこと、それは、彼らが信じるなら救われるためであることを意味しています。 (参照:マタイ16章4節 フットノート1


明日の主題:キリストは岩の上に彼の召会を建てる