聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

人の子が来たのは、人に仕えるためである


祈り

主よ、あなただけが主であり、支配者です。わたしたちはあなたを礼拝し、仕え、宣べ伝え、人にあなたを分与します。あなたにより、あなたの家でしもべとしてあなたに奉仕し、あなたの子たちを顧みます。


詩歌:127


本日の聖書箇所:マタイ20:17―21:11


重点の節:

マタイ20:28 それは、人の子が来たのも、仕えられるためではなく、仕えるためであり、多くの人の贖いの代価として、自分の命を与えるためであるのと、同じである。


本日のフットノート抜粋


王国に関するこの書では、主はいつも人の立場に立っておられます。天の王国は、神聖な命で構成されていますが、人性において実現されます。 (参照:マタイ20:28ノート1


明日の主題:イスラエル国を象徴するいちじくの木