聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

神は生きている者の神である


祈り

主よ、今日も生きている者の神を、生きている者たちに示すことができますように。あなたは死人の復活について、神が「アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神」であることを示されました。そして、神が生きている者の神であるが故にアブラハム、イサク、ヤコブは復活させられることを命と力によって解説されました。主よ、どうかわたしたちの家族、友人が生きているうちにあなたを信じ受け入れますように。永遠の裁きのために復活させられることがないよう、この時代に主を信じ受け入れ、願わくは褒賞を受ける者として格別な復活にあずかることができますように。


詩歌:281


本日の聖書箇所:マタイ22:23―23:12


重点の節:

マタイ22:31 死人の復活については、神があなたがたに語られたことを読んだことがないのか? それはこう言っている、

マタイ22:32 『わたしはアブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である』。彼は死んだ者の神ではなく、生きている者の神である」。


本日のフットノート抜粋


神は生きている者の神であって、「アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神」と呼ばれているのですから、死んだアブラハム、イサク、ヤコブは復活させられます。これが、主イエスが聖書を解説された方法です。すなわち、文字によるだけでなく、その中に含まれている命と力によって解説されたのです。 (参照:マタイ22:32ノート1


明日の主題:めんどりが自分のひなを翼の下に集めるように