聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

救い主の親密な愛情深い心遣い


祈り

主よ、わたしたちを顧みて下さい。わたしたち一人一人の心に日々語りかけて下さい。語りかけを通してわたしたちに供給し、触れ、包み、いやし、そしてわたしたちを今日と言う日に、あなたの道を豊かに歩くことができるよう導いてください。


詩歌:328


本日の聖書箇所:マルコ7:31―8:26


重点の節:

マルコ8:23 そこでイエスはその盲人の手を取り、村の外へ連れて行かれた。そして彼の両眼につばきをして、両手を彼の上に置き、「何か見えるか?」と尋ねられた。

マルコ8:24 彼は見上げて言った、「人々が見えます.木のようで、歩いているのが見えます」。


本日のフットノート抜粋


24節は、人の霊的視力を例証しているのでしょう。この目の見えなかった人が、人々を木が歩いているように見たように、人の霊的回復の最初の段階は、このようにしか霊的な事柄を見ることができないでしょう。さらに回復が進んだ後、この人のように、すべてのものをはっきり見るのです。(参照:マルコ8:24ノート1


明日の主題:だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を否みなさい