聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

あなたのみこころのままになさってください


祈り

主よ、あなたの言葉をわたしたちに与えて下さい。あなたの語りかけを与えて下さい。あなたが語りたい事柄を自由に語り、わたしたちが真にあなたの心の願いに触れることができますように。そして、わたしたちをあなたの心にかなった人々とならせ、この世代において復活の道を霊の中で歩むことができますように。


詩歌:83


本日の聖書箇所:マルコ14:27-52


重点の節:

マルコ14:36 彼は言われた、「アバ父よ、あなたにはすべての事が可能です.この杯をわたしから取り去ってください.しかし、わたしのこころのままではなく、あなたのみこころのままになさってください」。


本日のフットノート抜粋


人が堕落してから、小羊、羊、子牛、雄牛が、神の選びの民のために、予表として用いられました(創3:214:48:2022:13出12:3―8レビ1:2)。それらは、神があらかじめ定められた、真の小羊としての来たるべき方を示しています。時が満ちて、三一の神は、神聖な三一の第二である神の御子を遣わし、受肉において人の体を取って来られました(ヘブル10:5)。それは、彼が十字架上で神にささげられて(ヘブル9:1410:12)、三一の神のみこころを行なうためでした(ヘブル10:7)。すなわち、予表としての供え物とささげ物を、唯一の供え物とささげ物としての人性における彼ご自身に置き換え、神の選びの民を聖別するためでした(ヘブル10:9―10)。(参照:マルコ14:36ノート1


明日の主題:イエスは言われた、「わたしである」