聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

一人の不思議な人の誕生


祈り

主よ、あなたを褒めたたえます。あなたは本質においては、神聖な三一の第二ですが、エコノミーにおいては、はじめに受肉された方、そして命を与える霊となられました。今日、あなたは七倍に強化された霊とさえなっておられます。主よ、あなたを賛美します。


詩歌:127


本日の聖書箇所:ルカ4:14-44


重点の節:

ルカ4:18 「主の霊がわたしの上にある.彼が貧しい人たちに福音を宣べ伝えるように、わたしに油を塗られたからである。彼はわたしを遣わして、捕らわれ人たちには解放を、盲人たちには視力が回復されることを告げ知らせ、圧迫されている人たちを解放して去らせ、

ルカ4:19 主の受け入れる年、ヨベルの年を告げ知らせるのである」。


質問にお答えください


  1. 「ヨベルの年」は何を予表するのでしょうか?(参照:ルカ4章19節 フットノート1
  2. 「福音を宣べ伝え」ることの意義は何でしょうか?(参照:ルカ4章43節 フットノート1
  3. 「神の王国」の内在的な意義は何でしょうか?(参照:ルカ4章43節 フットノート2

命の供給

 わたしたちは、主イエスが人・救い主であることを見る必要があります。人・救い主として、彼は神聖な本質をもって聖霊から胎に入られました。他の伝記とは違い、ルカはその生涯を記録している方の胎に入ることを記録しています。他の伝記はその人の誕生から語るでしょうが、その胎に入ることからではありません。この事でルカは独特です。彼は人・救い主がどのように胎に入られたかを告げます。彼は人から胎に入られたのではありません。彼は神聖な本質をもって、聖霊から胎に入られたのです。

 人・救い主は、神聖な本質をもって聖霊から胎に入り、人の本質をもって人の処女から生まれたので、神と人の二つの本質を持っておられました。彼には神聖な本質と人の本質のミングリングがあります。

 人・救い主とは対照的に、わたしたちは一つの本質、人の本質を持つだけです。なぜならわたしたちは男から胎に入り、女から生まれたからです。わたしたちの救い主は異なっています。なぜなら彼は聖霊から胎に入り、人の処女から生まれたからです。聖霊には神聖な本質があり、人の処女には人の本質があります。

 わたしたちは、ウェブスターの大辞典で与えているこの言葉の第一の定義に同意します。すなわち、ミングリングする、「(一つのものを他のものと、あるいは二つまたはそれ以上のものを一緒に)結び合わせ、あるいは連合し、特に本来の要素がその結合においても区別し得る」。

 わたしたちはミングリングの例証として、お茶を用いてもよいでしょう。お茶が水とミングリングされて飲み物となるとき、お茶の本質も水の本質も失われることはありません。その反対に、両方の本質はそのままです。この二つの本質は共にミングリングされて、一つの飲み物となりますが、それらは第三の性質、お茶でも水でもないものを生み出すのではありません。

 わたしたちの救い主は神聖な本質から胎に入り、人の本質から生まれました。ですから、彼は二つの本質、すなわち神性と人性がミングリングされた一人のパースンであって、第三の性質を生み出すことはありません。主は二つの本質を持っておられますが、なおも一人の全体的なパースン、神でも人でもある方です。(ルカによる福音書ライフスタディ、メッセージ1)

明日の主題:わたしたちは主に召されて、人を取る漁師となる