聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

霊と真実の中で礼拝する


祈り

主よ、あなたに感謝と賛美と礼拝を捧げます。わたしたちの心は喜び、霊は躍り上がります。心の深くからあなたを愛し、あなたに従いたいです!あなたの豊富を吸収し、あなたの豊かさを享受します!


詩歌:449


本日の聖書箇所:ヨハネ4:1-26


重点の節:

ヨハネ4:24 神は霊であるから、彼を礼拝する者は、霊と真実の中で礼拝しなければならない。


本日のフットノート抜粋


これは、わたしたちの人の霊です。予表によれば、神を礼拝するには、(1) 神がご自身の住まいのために選ばれた場所で(申12:51113―1418)、(2) ささげ物をもってでなければなりません(レビ第1章―第6章)。神がご自身の住まいのために選ばれた場所とは、人の霊を予表しており、今日、人の霊が神の住まいです(エペソ2:22)。ささげ物は、キリストを予表します。キリストは、すべてのささげ物の成就、実際であって、それをもって人は神を礼拝しました。ですから、主がその女に、霊と真実の中で霊なる神を礼拝するように教えた時、それは、彼女が霊なる神に触れるには、特定の場所ではなく、彼女の霊の中で、ささげ物をもってではなく、キリストを通してであることを言われたのです。(参照:ヨハネ4:24ノート4


明日の主題:再生される