聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

新鮮にする時季が主の御前から来る


祈り

主よ、あなたの尊い御血でわたしたちを清め、あなたの油でわたしたちを油塗り、あなたを享受させてください。あなたは真の復興であり、毎日わたしたちの内側でわたしたちを感動し、復興してくださいます。


詩歌:684


本日の聖書箇所:使徒3:19―4:31


重点の節:

使徒3:19  ですから、あなたがたの罪がぬぐい去られるために、悔い改めて立ち返りなさい.

使徒3:20 それは、新鮮にする時季が主の御前から来て、彼があなたがたのために前もって任命されたキリスト、すなわちイエスを遣わされるためです.


本日のフットノート抜粋


新鮮にする時季とは、喜びと安息を伴う万物のリバイバルの時を示し、それは使徒行伝3章21節の万物復興の時のことを言います。それはマタイによる福音書第19章28節、救い主の教えと予言のように、栄光のメシヤの到来によってもたらされます。ペテロの言葉は、召会時代を飛ばし、千年期がペンテコステの時にすぐ続いているかのようです。これはペテロが、神の新約のエコノミーにおける召会時代に関する明確なビジョンを、持っていなかったことを示すのでしょう。新約聖書全体は、神の経綸において、新鮮にする時季の前に召会がかなりの期間を占めることを啓示しています。 (参照:使徒3:20ノート1


明日の主題:悔い改めと罪の赦しを人に与える