聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

私たちは信仰によって命を持ち、そして生きる


祈り

主よ、わたしたちを自己を信頼することから解放してください。わたしたちは自己にいかなる信頼も持たないことを願います。わたしたちは自己を信頼することを恐れます。主よ、わたしたちは信仰によって命を持ち、そして生きることを願います!


詩歌:15


本日の聖書箇所:ローマ1:8-32


重点の節:

ローマ1:17  なぜなら、神の義はこの福音の中で啓示され、信仰から信仰へと至らせるからです.「義人は信仰によって命を持ち、そして生きる」と書かれているとおりです。


本日のフットノート抜粋


ヨハネによる福音書第3章16節(ヨハネ3:16)で、神の愛は神の救いの源、動機です。エペソ人への手紙第2章5節(エペソ2:5)、8節(エペソ2:8)で、神の恵みは神の救いの手段です。ここでは、神の義は神の救いの力です。神の義は確固としていて、神の御座の土台であり(詩89:14)、神の王国が建て上げられる基礎です(14:17)。法的に言えば、愛も恵みも揺らぐことがあり得ますが、義は揺らぐことがありません。神の義はなおさらそうです。神の福音の中で啓示されるのは、神の義であって、わたしたちの義ではありません。ですから、福音は、すべて信じる者を救いに至らせる神の力です。 (参照:ローマ1:17ノート1


明日の主題:わたしたちの賞賛は神から来るのである