聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

信仰の働き、愛の労苦と望みの忍耐


祈り

主よ、わたしたちはあなたのエコノミーの中の望みのように、神聖な啓示を理解し、解釈します。主よ、これはわたしたちの必要であり、今だけでなく、一生の必要でもあります!


詩歌:658


本日の聖書箇所:Iテサロニケ1:1-10


重点の節:

Iテサロニケ1:3  あなたがたの信仰の働きと、愛の労苦と、わたしたちの主イエス・キリストにある望みの忍耐とを、わたしたちの神また父の御前で絶えず思い起こしています。


本日のフットノート抜粋


 1章3節の信仰は、働きの性質と力を指しています。愛は労苦の動機と特徴であり、望みは忍耐の源です。これは、信仰と愛と望みをもって構成された、真のクリスチャン生活の構造を描写しています(参照、Iコリント13:13のノート1)。そのような生活は、信者の天然の能力から始まるのではなく、彼らが信じている神であられるものを注入されて始まります。

 それは、主の再来の観点から見た三つの面がある生活です。一つの面は、始まりとしての信仰、すなわち基礎、もう一つの面は、過程としての愛、すなわち構造、もう一つの面は、究極としての望み、すなわち完成です。信仰は神に向かってであり(8節)、愛は聖徒たちに向かってであり(3:124:9―10)、望みは主の来臨においてです(2:19)。(参照:Iテサロニケ1章3節 フットノート2


明日の主題:養う母が自分の子供たちをはぐくむように