聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

救いの望みのかぶとをかぶりなさい


祈り

主よ、神の法理的な贖いを完成するために、あなたが行ってくださったことをあなたに賛美します。神の有機的な救いを完成するために、あなたが行ってくださっていることをあなたに賛美します。わたしたちはあなたを礼拝します!


詩歌:765


本日の聖書箇所:Iテサロニケ4:13―5:11


重点の節:

Iテサロニケ5:8  しかし、わたしたちは昼の者なのですから、冷静でいて、信仰と愛の胸当を着け、救いの望みのかぶとをかぶりましょう。


本日のフットノート抜粋


胸当てとかぶとは、いずれも霊的戦争を指しています。胸当ては信仰と愛の胸当てであって、わたしたちの心と霊を神の義にしたがって覆い、守ります(エペソ6:14)。かぶとは救いの望みであり(エペソ6:17)、わたしたちの知性、思いを覆い、守ります。信仰と愛と望みは、第1章3節に描写されているように、真のクリスチャン生活の三つの基本的構造です。(参照:Iテサロニケ5章8節 フットノート1


明日の主題:私たちの霊と魂と体とを完全に守られる