聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

信仰の中にある神のエコノミー


祈り

主よ、永遠のエコノミーのゆえにあなたを賛美します。わたしたちすべての人をあなたの回復へともたらしてくださったことを感謝します。主よ、あなたを愛し、必要とします。極みまであなたが必要です。


詩歌:591


本日の聖書箇所:Iテモテ1:1-4


重点の節:

Iテモテ1:4 作り話や果てしのない系図に心をとめたりすることがないように命じなさい.そのようなものは、信仰の中にある神のエコノミー[経綸]ではなく、むしろ疑問を引き起こすだけです。


本日のフットノート抜粋


1章4節の「エコノミー[経綸]」のギリシャ語は、「家庭の規則」を意味し、分配の意味を含みます(この言葉の一部の語源は、ヨハネによる福音書第10章9節の「牧場」の語源と同じです。この「牧場」という言葉は、群れに牧草を与えることを暗示します)。この言葉は、家庭の管理、家庭の行政、家庭の統治、そこから派生して、行政分配のための経綸、計画、エコノミーを意味します。ですから、それはまた、家庭のエコノミーでもあります。信仰の中にある神のエコノミーは、神の家庭のエコノミー、神の家庭の行政です(参照,エペソ1:10のノート13:9)。それは、キリストにあって、選びの民の中へとご自身を分与し、家を得てご自身を表現するためです。その家は召会(3:15)、キリストのからだです。(参照:Iテモテ1章4節 フットノート3


明日の主題:純粋な心と、正しい良心と、偽りのない信仰