聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

聖書は全て、神が息吹かれたものである


祈り

主よ、わたしたちは深いところであなたの語りかけを待っています。わたしたちは、自分のためではなく、あなたの永遠のエコノミーのために、ここで興奮のみでなく、あなたに対し、遠大な抱負を持ちますように。


詩歌:403


本日の聖書箇所:ピレモン1-25


重点の節:

ピレモン16 それも、もはや奴隷としてではなく、奴隷を超えて、愛する兄弟としてです.とりわけ、わたしにとってそうですが、あなたにとっては、肉にあっても主にあっても、なおさらのことです。

ピレモン20 兄弟よ、どうか主にあって、わたしがあなたから益を得ますように、キリストにあって、わたしの心を新鮮にしてください


本日のフットノート抜粋


 ピレモンへのこの短い手紙は、キリストのからだのすべての肢体が、神の永遠の命と神聖な愛において平等であることを示すという、特別な目的を果たしています。まだ野蛮であったパウロの時代に、強力な奴隷制度は、キリストの命によって、信者たちの間で無効にされました。クリスチャンの交わりにおける愛の感覚はとても強く、優勢であったので、堕落した人類の間の邪悪な社会秩序は自然に無視され、奴隷解放のための制度改正の必要はありませんでした。神聖な誕生と神聖な命による生活のゆえに、キリストにあるすべての信者は、召会の中で平等な身分を持っています。(参照:ピレモン16のフットノート1


命の供給

 テモテへの第二の手紙第3章16節は言います、「聖書はすべて、神の息吹かれたものであり、人を教え、戒め、矯正し、義の中で訓練するのに益があります」。「神の息吹かれた」という表現は、聖書、神の言が神の息であることを示します。神の語りかけは神の息吹きです。ですから、彼の言葉は霊(ヨハネ6:63)、プニューマ、息です。こうして、聖書はその霊としての神の具体化です。その霊は聖書の本質そのもの、実体です。それは燐がマッチになくてはならない物質であるようなものです。わたしたちは神聖な火を発火させるため、わたしたちの霊で聖書のその霊を「摩擦」しなければなりません。

 その霊なる神の具体化として、聖書はまたキリストの具体化でもあります。キリストは神の生ける言であり(啓19:13)、そして聖書は神の書き記された言葉です(マタイ4:4)。

 わたしたちは聖書を単に白黒の文字にしたがってだけでなく、神聖な啓示と天的知恵にしたがっても知る必要があります。わたしたちには外側に体があります、しかし内側には霊と魂を持っています。わたしたちのパースンは、おもに外側の部分の体から成っているのではなく、内側の部分、霊と魂から構成されているのです。原則は聖書についても同じです。聖書は白黒の文字の「体」だけを持っているのではなく、霊も持っています。なぜならそれは神の息吹かれたものであるからです。

 御言を読むとき、わたしたちは目、思い、霊を活用する必要があるのを示してくださったことを、主に感謝します。わたしたちは、目をもって御言の体に触れ、思いをもって御言の魂に接触し、霊の活用を通して御言を祈り、御言の霊に触れると言うことができます。そうすれば、わたしたちは聖書のある部分の意味を理解するだけではなく、神聖な息を吸い込んで命の供給を受けるのです。

 コロサイ人への手紙第3章16節でパウロは言います、「知恵を尽くして、キリストの言をあなたがたの内に豊かに住まわせ、詩と賛美と霊の歌とをもって、互いに教え戒め合い、恵みの中で、心から神に向かって歌いなさい」。御言を祈ることにより、詩唱することにより、また歌うことにより、わたしたちはわたしたちの霊をかき立て燃え上がらせるでしょう。さらに、わたしたちが御言を祈り、詩唱し、歌うとき、わたしたちは神聖な息を吸い込み、神の要素をさらに一層受けます。このようにして神はご自身をわたしたちの中に分与し、彼の要素をわたしたちに注入されます。(テモテへの第二の手紙ライフスタディ、メッセージ6)

明日の主題:神は御子の中で私たちに語られた