聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

神の救いはユダヤ教よりすぐれる


祈り

主よ、私たちに生きた言葉、新鮮な言葉、卓越した言葉、命と光の言葉を与えてください。そして、私たちを天的な領域にもたらしてください。それは、あなたと共に歩き、生きることができるためです。


詩歌:402


本日の聖書箇所:ヘブル1:4-14


重点の節:

ヘブル1:4 彼は御使いたちにはるかにまさるものとなって、彼らよりもすぐれた特別な名を受け継がれました。


本日のフットノート抜粋


ヘブル書の意図は、神の救いがユダヤ教にまさっていることをヘブル人信者たちに見せることです。ユダヤ教で誇りとするものは、神、御使いたち、モーセ、大祭司アロン、旧約とその奉仕でした。まず著者は、神の救いにおいて最初のまさっているものは神だけではなく、表現された神、すなわち子なる神であることを指摘しています(2、358―12節)。それから著者は続いて、キリストは御使いたちに(1:4―2:18)、モーセに(3:1―6)、アロンに(4:14―7:28)まさっていることを、また彼によって結ばれた命の新しい契約は文字の古い契約にまさっていることを、明らかにしています(8:1―10:18)。(参照:ヘブル1章8節 フットノート1


明日の主題:多くの子たちを栄光へ導き入れる