聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

多くの子たちを栄光へ導き入れる


祈り

主よ、あなたはわたしたちの体が贖われ、あなたに同形化されるまで、今なおも働いておられます。最終的に、わたしたちは「あなたであることはわたしであることだ」と言えます。感謝します、あなたを礼拝します。


詩歌:764


本日の聖書箇所:ヘブル2:1-18


重点の節:

ヘブル2:10 万物がその方のために存在し、万物がその方を通して存在する方が、多くの子たちを栄光へ導き入れるのに、彼らの救いの創始者を、苦難を通して完成されるのは、彼にふさわしいことでした。


本日のフットノート抜粋


神の偉大な救いの最後の段階は、彼の多くの子たちを栄光へ導き入れることです。ローマ人への手紙第8章は、わたしたちに対する神の恵みの働きは彼の予知で始まり、彼の予定、召し、義認を経過し、彼の栄光化で終わることを告げています(ローマ8:29―30)。それはまた、全被造物が神の子たちの出現(栄光化)を熱心に待ち望んでおり、被造物自身が神の子たちの栄光の自由へ入る望みがあると言っています(ローマ8:19―21)。これは、主の再来によって達成されます(ピリピ3:21)。その時、わたしたちは彼と共に栄光のうちに現されるでしょう(コロサイ3:4)。これが、わたしたちの望みです(コロサイ1:27)。(参照:ヘブル2章10節 フットノート3


明日の主題:キリストはモーセにまさって栄光に値するものとされた