聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

信仰において良い証しを得た


祈り

主よ、あなたの敵を辱めてください。それは、わたしたちが地上であなたと一であり、あなたのために証しするからです。わたしたちは全宇宙に「神が宇宙全体の神と主であり、天だけではなく、地上においてもそうです」と告げ知らせます。


詩歌:758


本日の聖書箇所:ヘブル11:20-40


重点の節:

ヘブル11:26 キリストのそしりを、エジプトの財宝にまさる富と考えました.それは、彼が褒賞をひたすら望んでいたからです。


本日のフットノート抜粋


キリストは主の御使いとして、患難にあったイスラエルの子供たちと常に共におられました(出3:27―914:19民20:16イザヤ63:9)。さらに、聖書はキリストと彼らを同一視しています(ホセア11:1マタイ2:15)。ですから、彼らに及んだそしりは、キリストのそしりと見なされました。また神をそしる者たちのそしりは、キリストの上にも及びました(ローマ15:3)。新約の信者たちは彼に従う者として、彼のそしりを担い(13:13)、彼の御名のためにそしられます(Iペテロ4:14)。モーセは神の民と共に虐待されることを選び(25節)、このようなそしり、神のキリストのそしりを、パロの宮殿にあるエジプトの財宝にまさる富と考えました。それは、彼が褒賞をひたすら望んでいたからです。 (参照:ヘブル11章26節 フットノート2


明日の主題:イエスをひたすら見つめていなさい