聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

長子の権利は勝利を得たクリスチャンたちに与えられる褒賞である


祈り

主よ、毎日あなたが新しい御言葉を与えてくださいます。わたしたちが神の神性にあずかれるのを見せてくださって、感謝します。わたしたちはすでにあなたの命と性質を得て、それを通して、神の神性にあずかります。


詩歌:355


本日の聖書箇所:ヘブル12:15-24


重点の節:

ヘブル12:16 淫行の者、あるいはエサウのように俗悪な者が、だれもないようにしなさい.彼は一食のために、自分の長子の権を放棄したのです。


本日のフットノート抜粋


わたしたちクリスチャンは、神から生まれ、彼がご自身の創造の中で収穫される被造物の初穂(ヤコブ1:18)です。この意味で、わたしたちは神の長子です。ですから、長子であるわたしたちから構成される召会は、長子の召会(23節)と呼ばれます。神の長子として、わたしたちは長子の権を持っています。これは地の嗣業(2:5―6)、祭司職(啓20:6)、王職(啓20:4)を含みます。それらは来たるべき王国におけるおもな祝福です。俗悪な、世を愛し求めるクリスチャンたちは、主が戻ってこられる時、それらを失います。結果的に、この長子の権は千年王国で、勝利を得たクリスチャンたちに与えられる褒賞となるでしょう。いかなる世的な享受も、それが一食だけであったとしても、わたしたちのものであるこの長子の権を失わせることができます。(参照:ヘブル12章16節 フットノート1


明日の主題:恵みを受ける