聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

交わりとは永遠の命の流れ出たものである


祈り

主よ、わたしたちを顧みてください。ご自身をわたしたちの間、また内側に注いでください。それはあなたの中ですばらしい交わり、供給を得るためです。


詩歌:450


本日の聖書箇所:Iヨハネ1:1-4


重点の節:

Iヨハネ1:3 わたしたちが見たもの、聞いたものを、あなたがたにも伝えます.それは、あなたがたもわたしたちと交わりを持つためです.わたしたちの交わりとは、御父との、また御子イエス・キリストとの交わりのことです。


本日のフットノート抜粋


「交わり」のギリシャ語は、「共にあずかること」、「共同であずかること」を意味します。交わりは、永遠の命から流れ出たもので、実際上、神聖な命を受けて所有している信者たちの中の、永遠の命の流れです。それは、新エルサレムにおける命の水の流れで例証されます(啓22:1)。すべての真の信者は、この交わりの中にあります(使徒2:42)。交わりは、わたしたちの再生された霊の中のその霊によって遂行されます。ですから、それは「聖霊の交わり」(IIコリント13:14)、「わたしたちの霊の交わり」(ピリピ2:1)と呼ばれています。わたしたち信者は、この永遠の命の交わりの中で、御父と御子のすべてに、また御父と御子が成し遂げたすべてにあずかります。すなわち、わたしたちはその霊の交わりを通して、御父の愛と御子の恵みを享受するのです(IIコリント13:14)。(参照:Iヨハネ1章3節 フットノート3


明日の主題:霊的生活における循環