聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

一つの都市に一つの召会


祈り

おお、主イエスよ。あなたを愛するよう私たちを引き寄せてください。主よ、私たちを引き寄せてあなたと共に前進させ、あなたと一とならせ、あなたの生けるからだとして建造してください。


詩歌:596


本日の聖書箇所:啓1:7-13


重点の節:

啓1:11 それはこう言った、「あなたが見ていることを巻物に書いて、七つの召会に、すなわち、エペソに、スミルナに、ペルガモに、テアテラに、サルデスに、ヒラデルヒヤに、ラオデキヤに送りなさい」。

啓1:12 わたしは、わたしに語りかけたその声を見ようとして振り向いた.振り向くと、七つの金の燭台を見た.


本日のフットノート抜粋


この書を七つの召会に送ることは、それを七つの都市に送ることに等しいです。これは明らかに、初期の召会生活の実行が、一つの都市に一つの召会、ただ一つの召会を持つ一つの都市という実行であったことを示します。いかなる都市にも一つ以上の召会はありませんでした。これが地方召会であって、通りや地区ではなく、地方を範囲としています。地方召会の行政区域は、その召会の所在する都市全体に及ぶべきであり、その都市の境界より大きくも小さくもあるべきではありません。その境界内のすべての信者は、その都市内で唯一無二の地方召会を構成すべきです。(参照:啓示録1章11節 フットノート1


明日の主題:七つの金の燭台の奥義