聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

賛美


祈り

主よ、あなたを賛美します。わたしたちはこの時代を終結し、あなたの再臨をもたらすゆえに、極めて幸いな時代に生きています。主よ、あなたの臨在を感謝します。


詩歌:768


本日の聖書箇所:啓19:17―20:6


重点の節:

啓20:6 第一の復活にあずかる者は、幸いであり、聖である.これらの人たちに対して、第二の死は何の権威もない.彼らは神とキリストの祭司であり、千年の間、彼と共に支配する。


質問にお答えください


  1. 大患難の最後の日には何が起こるのでしょうか?(参照:啓19:20のフットノート1
  2. 「第一の復活」とは何でしょうか?(参照:啓20:5のフットノート2
  3. 第一の復活にあずかる勝利者の祝福は何でしょうか?(参照:啓20:6のフットノート4

命の供給

 啓示録第19章4節は言います、「すると、二十四人の長老と四つの生き物はひれ伏し、御座に座しておられる神を礼拝して、『アーメン、ハレルヤ!』と言った」。天の大群衆の大声が「ハレルヤ」と言った後、二十四人の長老と四つの生き物は、「アーメン、ハレルヤ!」と言います。「アーメン」が先に来るのは、幾つかのハレルヤがすでに言われていたからです。二十四人の長老と四つの生き物は、これらのハレルヤに対して「アーメン」と言い、さらに彼ら自身のハレルヤを付け加えます。

 1967年、主はわたしたちに、御名をどのように呼ぶかを示されました。それと同時に、わたしたちは彼を絶えず賛美すべきであることを見始めました。1967年と1968年のわたしたちの集会は、アーメンとハレルヤで満ちていました。宗教的な人たちはこのことでわたしたちを罪定めし、宗教のバビロンの小さな部分はわたしたちに敵対して立ち上がりました。わたしにはなぜだかわかりませんが、彼らはわたしたちがアーメンとハレルヤで主を賛美することに反対するのです。しかし啓示録は、このように主を賛美することは将来の実行であることを示しています。将来、天で実行されることは、今日、地上でわたしたちによって実行されてもよいのです。(啓示録ライフスタディ、第53編)

 有名な詩歌、「幸いな確証」(詩歌265番)の折り返しはこう言っています、

  1. これがわたしの証しであり、これがわたしの歌です。
  2. わたしの救い主を賛美し、心を合わせ、口で歌います!
  3. これがわたしの証しであり、わたしの詩歌です。
  4. わたしの救い主を賛美し、一日中、歓喜します!

 多くのクリスチャンはこの詩歌を歌いました、しかし彼らの救い主を一日中賛美する人は多くありません。もしわたしたちが一日中主を賛美するとしたら、どんな事になると思いますか。疑いもなく、わたしたちは徹底的に主の中に浸し込まれるでしょう。

 召会の集会はわたしたちの日常生活の継続であるべきです。わたしたちはわたしたちの日常生活の中で歌いまた賛美すべきであり、それから集会においてわたしたちの歌うことと賛美することとを継続すべきです。しかしもしわたしたちが日常生活の中で彼を賛美しないのに、集会において主を賛美するとしたら、わたしたちの集会は一つの演技であり、またわたしたちは役者であるでしょう。わたしたちは演技しに来るのではなく、日常生活での、わたしたちであるものを表現するために集会に来るべきです。(出エジプト記ライフスタディ、メッセージ58)

明日の主題:大いなる白い御座