聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

祈っておられた時、天が開かれた


祈り

主よ、わたしたちのために天を開き、晴れ渡る空を与えて下さい。わたしたちをわたしたちの霊の中で導いてください。あなたをさらに知るために、外側の文字によってだけではなく、内側の霊によってもあなたを認識することができますように。


詩歌:166


本日の聖書箇所:ルカ3:21―4:13


重点の節:

ルカ3:22 そして聖霊がはとのような具体的な形で、彼の上に下った。そして天から声があった、「あなたはわたしの子、愛する者、わたしはあなたを喜ぶ」。


本日のフットノート抜粋


第1章35節(1:35)でのイエスの聖霊による受胎は本質的であり、イエスの神聖な存在、神聖なパースンと関係がありました。イエスの受胎における聖霊の神聖な要素の本質は不変であり、離れることのできないものでした。しかし、ここでイエスの上に下った聖霊は、エコノミー的であり、イエスの務め、働きと関係がありました。イエスの務めのための聖霊の力は(4:14,18マタイ12:28)、その必要に応じて彼から離れることもあります。彼が十字架上で、罪人のために罪を担って死のうとしておられた時、神がイエスを見捨てて離れたのは、このエコノミー的なことでした(マタイ27:46)。(参照:ルカ3:22ノート1


明日の主題:一人の不思議な人の誕生