聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

永遠の命における永遠の祝福


祈り

主よ、わたしたちは来たるべき王国の時代に命の復活を経て、永遠の祝福と永遠の命における享受へと入ることを望みます。わたしたちは罪に対して死に、神に対して生きる者とされました。主に感謝します!今やわたしたちはその事実の中を生き、王国の時代と命の復活にあずかるのにふさわしい人たちと見なされるために、今日その事実を実際的な経験の中で実際とします。


詩歌:754


本日の聖書箇所:ルカ20:20―21:4


重点の節:

ルカ20:35 かの時代と死人からの復活とに、あずかるのにふさわしいとされる人たちは、めとったり嫁いだりはしない.

ルカ20:38 彼は死んだ者の神ではなく、生きている者の神である.なぜなら、すべての者は神に対して生きているからである。


本日のフットノート抜粋


来たるべき王国の時代(ルカ13:28-29ルカ22:18)と命の復活(ヨハネ5:29ルカ14:14啓20:4啓20:6)は、ふさわしいとされた信者たちにとって、永遠の祝福と永遠の命における享受となります(ルカ18:29-30).マタイ19:28-29)。(参照:ルカ20:35ノート1


明日の主題:絶えず目を覚まして、祈り求めていなさい