聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

誰でもこのパンを食べるなら、永遠に生きる


祈り

主よ、生ける言葉、新鮮な言葉、命の言葉、光の言葉、卓越した言葉を賜りますように。わたしたちを天に属する領域に連れ、あなたと同行し、共に生きるようにしてください!


詩歌:385


本日の聖書箇所:ヨハネ6:16-51


重点の節:

ヨハネ6:51 わたしは天から下って来た生けるパンである.だれでもこのパンを食べるなら、永遠に生きる・・・・


本日のフットノート抜粋


 「命のパン」(35節)は、パンの性質のことを言います。それは命です。「生けるパン」は、生きているパンの状態のことを言います。(参照: ヨハネ6章51節前半 フットノート1

 この時点で、パンは肉となります。パンは植物の命に属し、それはただ養うためです。肉は動物の命に属し、養うためだけでなく、贖うためでもあります。人が堕落する前、主は命の木でした(創2:9)。命の木はただ人を養うためでした。しかし人が罪へと堕落した後、主は小羊となられました(1:29)。小羊は人を養うためだけでなく、人を贖うためでもあります(出12:47―8)。(参照: ヨハネ6章51節後半 フットノート2

 主は彼の体、すなわち、彼の肉をわたしたちのために与えて、死なれました。それは、わたしたちが命を持つためです。(参照: ヨハネ6章51節後半 フットノート3


明日の主題:主の言葉は霊であり、命である