聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

わたしたちは数が多くても一つからだなのである


祈り

愛する主よ、わたしたちは心の深みからあなたを慕います。また、あなたのみこころに従い、一つパンにあずかり、一つからだとして建造されたいと願います。


詩歌:178


本日の聖書箇所:Iコリント10:14―11:6


重点の節:

Iコリント10:17  一つパンであるからには、わたしたちは数が多くても一つからだなのです.それは、わたしたちがみなこの一つパンにあずかるからです。


本日のフットノート抜粋


 10章17節の「一つパン」は、キリストの一つからだを象徴します。わたしたちはみな一つからだです。なぜなら、わたしたちはみな、一つパンにあずかるからです。わたしたちが一つパンに共にあずかることは、わたしたちすべてを一とします。これは、わたしたちがキリストにあずかることは、わたしたちすべてを彼の一つからだとすることを示しています。わたしたちがあずかるキリストこそ、わたしたちを彼の一つからだに構成します。(参照:Iコリント10章17節 フットノート1

 一つパンにあずかること(すなわち、食べること・・28―30節)は、わたしたちをそのパンと一つに結合します。これは、わたしたちがキリストにあずかること、キリストを享受することが、わたしたちをキリストと一つに結合し、キリストと一つにすることを示しています。(参照:Iコリント10章17節 フットノート2


明日の主題:主を真に記念するとは、贖いの主をわたしたちの分け前とすること