聖書の御言と通読手引の無料配信サービス【eRSG】

堅くされた預言者の言をよくよく心にとめていなさい


祈り

主よ、この時代は暗い夜の時代であり、この世のすべての人は、暗やみで動き行動していることをわたしたちは知っています。わたしたちはこの暗い時代に光を必要とします。どうか、太陽としてのあなたの出現まで、暗やみの中で輝く霊的光である聖書の預言の言葉をわたしたちの歩みを照らす光として保ち続けることができますように!この照らす光をもって暗い夜を通過し、夜明けを待ち望み、わたしたちの心に昇る明けの明星を迎えることができますように!


詩歌:756


本日の聖書箇所:IIペテロ1:19―2:3


重点の節:

IIペテロ1:19 また、わたしたちはさらに堅くされた預言者の言を持っています。夜が明けて明けの明星があなたがたの心に昇るまで、その言を、暗い所に輝くともし火として、よくよく心にとめていなさい.


本日のフットノート抜粋


ペテロは聖書の預言の言葉を、暗い所に輝くともし火にたとえています。これは次のことを示します。(1) この時代は暗い夜の暗い所であり(ローマ13:12)、この世のすべての人は、暗やみで動き行動しています。(2) 聖書の預言の言葉は、信者に対する輝くともし火として、彼らの暗やみの中で輝く霊的光を伝達します。それは(知的理解のための文字の知識だけでなく)、彼らを導いて輝く真昼に至るまで、夜が明けて主の出現の日に至るまで、暗い夜を通過させます。太陽としての主が出現されるまで、わたしたちは歩みを照らす光として、この言葉を必要とします。(参照:IIペテロ1章19節 フットノート2


明日の主題:主は敬虔な者たちをいかに試練から救い出すかを知っておられる